2018.10  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:--|TOP
05/08 ガッキーがPerfumeを聴いてる!
新垣帳にPerfumeの名前が出てました!こうゆうの嬉しいですね~。

どうも。ぴです。XJAPANはもちろん二日間とも参戦。「物語」はやはり健在でした。始まった瞬間にこちらのテンションが最高潮を迎えるあの感じはいつも凄いなー、と。自分にとって重要で大切な存在のバンドがあるってのは人生を豊かにし、彩りを与えてくれますね。凛として時雨も誰かにとってそんな存在になれたら嬉しい。引き続き気合入れて頑張ります!

続くピエールナイトもまた特別な夜でした。僕にとってハーツは思い入れ深い大切な場所です。音楽を中心に沢山の出会いがあって、その全てが今に繋がっています。良くも悪くもハーツにはよく人生を変えられていました。専門学校を1年で辞めることになって、睡眠時間がほとんど無くなって、バスドラが軽いからって毎日大量のご飯とお菓子(カロリーメイト)を食わされて10キロ太らされて、打ち込みとのシンクロが甘いからってオールで4分打ちの練習をさせられることになったり、ここには書けないようなことも沢山ありました。けど、ハーツが無かったら凛として時雨に出会うことも、こうして加入することも無かった。楽しい、嬉しい、悔しい、悲しい、苦しい、とにかく全ての感情があの場所にはありました。そんなハーツが10周年です。ピエールナイトはその全てが集約された素晴らしいイベントだったと思うし、ドラムを叩いていてあんなに楽しいと思ったのも久しぶりです。外音はもちろん、中音もあの頃のままで、叩いているときも色々なことを思い出してしまいました。いつもより感情的になってしまい、時雨を何度も観てる人は違和感を感じてしまったかもしれませんね。昔、バンドを組んでいた仲間も駆けつけてくれて、友人も沢山来てくれました。共演してくれたアーチェリー、トライバル、heも大切な仲間です。地元のライブハウス「ハーツ」が作った繋がり。セルジオを演奏したのも、この繋がりがあってこそでした。継続は力なり、そして、その先には感動がありました。本気でドラムをやめようとした僕を引き止めてくれたのもハーツでしたね。野田MEN時代の時雨のデモを僕が興奮気味に聞かせたときに「凄くカッコいい!」と言ってくれたのもハーツでした。10周年、本当におめでとうございます。そして、記念すべき日に誘って頂きありがとうございました。

昨日は残響フェスを観にコーストまで。とても雰囲気が良くて、お客さんもバンドも楽しそうでした。いやー、出たかったなー。どのバンドも素晴らしいライブを繰り広げてましたね。特にちひろくんのプレイに磨きがかかっていて、彼とは一度ドラムセミナーを繰り広げてみたいと思いました。間近であのプレイをみんなに観て欲しい!なので、少しずつ準備して動いていくので、気長に楽しみに待っていてください!


明日は渋谷乙にてカオティックスピードキング。
肉体と精神を極限まで追い込んでみます。

ちなみに相方のabout tessはこんなバンドです。エンジニアはTK!


かっこいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ピエール中野
スポンサーサイト
2009.05.08(Fri) 00:56|TOP

Top